【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】バレンタインの日に贈る、生チョコの作り方

【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】バレンタインの日に贈る、生チョコの作り方

今年のバレンタインは好きな人に何をプレゼントしますか?

男性も女性も、チョコレートが好きな人だったら生チョコが1番おいしいと思うはず。

今年のバレンタインは自分で生チョコを作ってみましょう。作り方も簡単なので、チャレンジしてみてくださいね。

■生チョコの作り方

●約60個分で、1.5cmのキューブ型の材料

用意するものは、製菓用スィートチョコレート200g(製菓用のビターチョコレートでも構いません)
生クリーム100cc、ココア大さじ2杯、ブランデー大さじ1杯です。ブランデーの量はお好みで調節してください。

最初に下準備をしましょう。初めにチョコレートは細かく刻んでおきます。約10cm×17cmのバットを用意し、そこにラップを敷きます。

■作り方の手順

1)沸騰直前まで生クリームを温め、チョコレートを入れ、よく混ぜながら溶かします。

●ここでポイント
この段階でブランデーを加え、混ぜてください。チョコが溶け切らない時は、加熱しても大丈夫ですが、加熱のしすぎは、チョコが分離する原因になってしまうので注意しましょう。

2)用意しておいたバットにチョコレートを流し込み、表面を平らに整えます。その後、2時間ほど冷蔵庫で冷やし固めます。

3)チョコレートがしっかり固まったら、ラップごと取り出してください。温めた包丁で切り分けます。大きさは1.5cm程度がいいでしょう。

4)ココアを入れた容器にチョコを入れ、全体にココアをつけます。転がすようにつけるとココアがつきやすいですよ。


注意する点は作っている間に水気が入ると、チョコが分離してしまいます。気をつけて下さいね。

2月14日は素敵なバレンタインになりますように。

フランス産ヴァローナのクーベルチュールとドンペリでとろけ〜る美味しい生チョコが出来ました...






続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。