【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】様々なバレンタインチョコのエピソード

【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】様々なバレンタインチョコのエピソード

皆さんの様々なバレンタインチョコにまつわるエピソードを紹介したいと思います。

■私は今一緒にいる夫に手作りのチョコレートケーキをプレゼントしました。そのときにチョコと一緒に犬のぬいぐるみをプレゼントしました。今では娘のおもちゃになっています。

■私は去年結婚したので、次のバレンタインは結婚して初めて迎えることになります。主人も私も花が大好きなので、二人が好きな花を、
そして新居に合う花を、主人に贈ろうと思っています。

■私のバレンタインの思い出は、10代最後のバレンタインです。友達の家で手作りのチョコケーキを作りました。

当時付き合っていた彼に手作りのケーキをプレゼントしました。あれから10年以上たちますが、友達と私は今だ、毎年同じ相手にチョコを
贈っています。彼ではなく旦那になりました。バレンタインは素敵なイベントです。

■チョコレートケーキを作った所までは完璧だったのですが。
彼の車の中は暖房がとても効いていて、チョコレートケーキがドロドロにとけてしまったのです。

彼氏が開けた時には、すごいことになっていました。それ以来、彼氏はケーキを作ると言うと困った顔をします。
甘い思い出が、苦い思い出になってしまったエピソードです。

■毎年バレンタインは、夫、私の父と主人の父、私の二人の息子にチョコレートをプレゼントします。去年は小3の息子がバレンタインの前日、こんなことを言っていました。

「僕はママからチョコレートもらうからいいの」近頃の子供たちは、幼稚園の頃から女の子にチョコレートをもらうんです。

息子は未だに女の子からチョコレートをもらったことがなく、毎年私がチョコをプレゼントしています。

何年後かには、彼女からチョコをもらうようになると思うと、少し淋しい気もしますが、いつかくるそんな日までバレンタインは息子にプレゼントしてあげたいと思います。

オオノシルク バレンタイン ピッコロ&チョコレートセット





続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。