【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】バレンタインの義理チョコ

【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】バレンタインの義理チョコ

バレンタインは、本命チョコと義理チョコに分けられます。

義理チョコは、義理で渡すと言う意味よりも、お世話になっている方に、少しだけプレゼントを贈ると言う意味で、親しまれていますね。会社の上司や家族、異性の友人など種類はさまざまです。

義理チョコはいらないと言う意見もありますが、もらうと意外とうれしいものですよ。

どうせ贈るなら、渡す相手の笑顔が見られるチョコを贈りたいものです。

バレンタインの義理チョコの始まりについてお話したいと思います。

義理チョコは、昭和50年代後半頃から、友達や会社の男性社員にバレンタインチョコを配る習慣が生まれました。

昭和50年前後の頃は、本命の男の子にしかチョコレートは贈られていませんでした。

一人が購入するチョコレートの量は年毎に大幅に増えていき、今に至るのです。

義理チョコの中には、本命だと言うことを隠して義理チョコを渡す、偽装の義理チョコもしばしばあるようですよ。

■バレンタインの義理チョコにおすすめのチョコレート

●お世話になった方や、会社の上司へ
ロイズの生チョコレート(山崎シェリーウッド)
このチョコレートは期間限定です。有名なロイズのチョコレートをもらって文句を言う人はいませんよね。お酒好きの上司のかたにお勧めです。シングルモルトウィスキーが入ったロイズの生チョコレートは、バレンタインまでの期間限定商品なので、チェックしてみてください。

●会社の同僚へ
テオブロマのショコランジュ。
人気の名店、テオブロマのショコランジュは、パッケージもおしゃれな大人なチョコレートです。チョコレートの苦みと、スペイン産のオレンジの甘酸っぱさ、そしてハーモニーが絶妙です。

●お子様へのおすすめのチョコレート
スマイリースナックディスペンサーは、容器も可愛く、黒いレバーを押すとチョコレートが出来きます。遊び心のあるデザインなので、チョコがなくなってからも、お子様が遊べるデザインになっています。







続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。