【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】バレンタインチョコレートの呼び名と種類

【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】バレンタインチョコレートの呼び名と種類

バレンタインチョコレートの呼び名についてお話したいと思います。

高級チョコレートのショーケースには必ず語句が書いてあります。

チョコレートの呼び名を覚えておくことで、バレンタインのチョコ選びがぐっと楽になりますよ。

●ガナッシュ
ガナッシュとは、チョコレートに洋酒や生クリームを混ぜ込んだ生チョコレートのことを言います。
とろける舌触りは絶品です。ただし水分が多いので日持ちが効きません。

●ジャンドウヤ
ジャンドウヤとは、ナッツのペーストを混ぜ込んだものを言います。とてもコクのある味わいです。

●プラリネ
プラリネとは、ジャンドウヤやガナッシュを薄いチョコレートでコーティングしたものを言います。

次にチョコレートの種類についてお話したいと思います。

ビターチョコレートやブラックチョコレート、スイートチョコレートと呼ばれるものはカカオマスが40%〜60%のチョコレートです。

ミルクチョコレートは乳製品の粉乳が入っています。

ホワイトチョコレートは、カカオ豆から抽出したカカオバターを使用しています。そこに乳製品を加えたものがホワイトチョコレートです。ホワイトチョコレートはカカオマスが入らないので、クリーミーなミルクの味と色が生かされています。苦みもありません。

チョコレートは栄養価も高く、紀元前古代マヤ文明の頃より不老長寿に効くといわれてきました。

デオブロマ(神の食べ物)カカオと呼ばれ、食べることはもちろん、薬として傷に塗るなど、カカオ豆は貴重なものとされていました。
チョコレートは、カカオ豆の栄養がたっぷり詰まった食品と言うわけです。

チョコ選びもバレンタインの楽しみですね。今年はどんなチョコレートにしますか?





【バレンタイン本命チョコ・義理チョコ】バレンタインチョコレートの呼び名と種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。